いつもより生理が長い・出血量が多いときは要注意
子宮筋腫について

子宮筋腫とは、子宮の筋肉からできる良性の腫瘍で、成人女性の4人に1人は子宮筋腫があると言われています。命にかかわる病気ではありませんが、ごく稀に悪性腫瘍である子宮肉腫が見つかる場合もあります。

また、良性であっても不妊の原因となったり、ひどい生理痛や貧血の原因となって日常生活に支障をきたす場合もあります。症状の変化が緩やかなため、気づかないまま悪化してしまうことも少なくありませんので、予防や早期発見のためにも定期的に検診を受けるようにしましょう。

子宮筋腫は腫瘍部位によって3種類に分けられます

子宮筋腫は、子宮のどの部分に筋腫ができるかにより、下記の3種類に分けられます。

  • 筋層内子宮筋腫(きんそうないしきゅうきんしゅ)
    子宮の厚い筋層にできる筋腫で、子宮筋腫のほとんどがこの筋層内子宮筋腫と言われています。

  • 漿膜下子宮筋腫(しょうまくかしきゅうきんしゅ)
    子宮の外側を覆う漿膜と呼ばれる膜の下にできる筋腫です。
    漿膜下子宮筋腫は自覚症状がないため、発見が遅れる場合が多いです。

  • 粘膜下子宮筋腫(ねんまくかしきゅうきんしゅ)
    子宮の内側の粘膜にできる筋腫です。
    粘膜下子宮筋腫の場合、腫瘍そのものが小さくても、生理の量が非常に多くなったりして、貧血などの症状が強く表れます。

エストロゲンの影響?子宮筋腫の原因

子宮筋腫ができるメカニズムはまだはっきりと解明されたわけではありませんが、女性ホルモンの一つであるエストロゲンの影響で大きくなるということが分かっています。そのため、子宮筋腫が見つかるのは30代〜40代の女性がほとんどです。

生理痛・生理が長い・出血量が多いときは要注意!子宮筋腫の症状

子宮筋腫は、発生した部位によって症状が出る場合と出ない場合があります。
主に症状が出るのは粘膜下筋腫で、貧血や月経困難症・過多月経・不正性器出血などがあらわれます。
漿膜下筋腫、筋層内筋腫の場合、初期の状態では自覚症状はほとんど出ることはありませんが、大きくなると周囲の臓器を圧迫してしまい、水腎症や便秘・頻尿・腰痛などの症状が表れます。

状態によっては様子見という選択もあり!
治療方針は一人ひとりのライフスタイルに合わせて行います

子宮筋腫は日本人女性の4人に1人がかかっていると言われておりますが、場合によっては治療をしない選択肢もあります。治療はお薬か手術になりますが、どちらを選ぶかは患者様のライフスタイルも関わってきます。

下記の点を医師とよく話し合い、治療方針を決めましょう。

  • 子宮筋腫ができた部位、大きさ
  • 症状があるかないか
  • 今後妊娠・出産を希望しているか
  • ご年齢