最近だるい・イライラする
40〜50代に現れる更年期障害

なんだか体がだるく、イライラする。手足の冷えがひどいのに、体がほてり急に汗が出る…。このような症状にお悩みでしたら、それは更年期のサインかもしれません。

更年期とは閉経の前後5年間をさします。
日本女性の閉経は平均50歳、早い方では40代になると月経が軽くなったり、間隔が空いたりといった更年期のサインが出始めるでしょう。女性ホルモンの分泌が減るため、体や心に様々な変化が起きる時期でもあります。

疲れやすい、動悸やめまい、頭痛、不安感など、更年期にともなう不快な症状を俗称「更年期障害」、正式には「更年期不定愁訴症候群」と呼びます。

現代の40代女性は心身ともに美しく、若々しい方が多いため、「更年期」と言われるとショックに感じる方もいるかもしれません。けれど、更年期は10代の思春期と同様に女性であれば誰でも必ず通るものなのです。ただ、普段の生活に差し障りがあるような不快な症状、つまり治療が必要なくらい重い「更年期障害」が必ず全員にでるわけではありません。多くの方は日常生活の中で、運動をしたりアロマや音楽でリフレッシュしたりすることで、病院から薬をもらわなくてもすんでしまいます。

しかし、もしご自分のできることを試してみても、なかなか不快な症状が改善しない、あるいは症状が強く仕事や日常生活にも影響がでるようでしたら、どうぞ我慢せずに当クリニックを受診してください。

当クリニックではホルモン補充療法(HRT療法)だけでなく、漢方薬を使ったり、心の疲れや不調に対してはリラックスできる薬を用いるなど、症状を和らげるためにいろいろな方法をご本人と相談しながら行っていきます。

また、40〜50代は生活習慣病などの病気が起こりやすい年齢でもあります。「更年期だから」と我慢していた症状が、実は他の病気のサインだったということもあります。「もしかして…?」と思う症状があれば、当院も更年期障害の専門外来がございますのでご相談ください。完全予約制で、待ち時間なども緊張したりせずにゆったりとリラックスして、癒しの時間を過ごしていただける新しいタイプのクリニックです。