20〜30代の女性に急増中!?
子宮内膜症ってどんな病気?

20〜30代の女性に増えている「子宮内膜症」。
子宮内膜症は、月経のある成人女性の10人に1人がかかると言われているほど身近な病気になってきていますが、実際はどんな病気なのか知らない方も多いのではないでしょうか?

まずは病気に対する正しい知識を持ち、疑われる症状が出た場合でもできるだけ冷静に対処できるようにしておきましょう。

子宮内膜症は、実は「子宮外で起きる病気」です

子宮内膜とは、通常子宮の内側にあり、妊娠時に受精卵が着床するベッドのような役割を果たしています。
着床しなかった場合、子宮内膜は血液とともに月経という形で体外に排出され、子宮内部には新しい子宮内膜が作られます。

ところが、本来であれば月経で体外に排出されるはずの子宮内膜が、体外に排出されずに卵管を通って体内の子宮以外の場所に逆流してしまうことがあります。そうして卵巣や腸など、子宮の外で定着してしまった子宮内膜が、その場所で増殖や剥離または臓器と癒着し痛みや炎症を引き起こすのが子宮内膜症です。

つまり子宮内膜症とは、子宮以外の場所で起きる病気なのです。

下記の症状が出たら要注意!子宮内膜症の恐れがありますので、早めに医療機関を受診しましょう。1.整理の際、いつもより出血量が多い(鎮痛剤が効かなくなってきた)2.生理でない時にも下腹部や腰などに鈍痛や圧迫痛(生理痛)がある。3.排便時や性交時に痛みを感じる

子宮内膜症は早期発見・早期治療が大切です

子宮内膜症の患者様は、なんとなく違和感を感じながらも放置してしまったり、ただの生理痛だとご自身で判断してしまい、検査をしたときにはだいぶ症状が悪化しているケースが多いです。

また女性の中には、子宮内膜症と聞くと不妊につながることを恐れて、パートナーに相談をできなかったり受診を避ける方もいらっしゃいます。

たしかに子宮内膜症がきっかけで不妊になってしまう場合もありますが、病気の治療や不妊治療を合わせることで妊娠される方もたくさんおられます。

現代では、患者様のライフスタイルに合わせて治療法を選択することが可能ですので、まずはクリニックまでご相談ください。