5つの要因を組み合わせてリスクを算定
オスカー(OSCAR)検査のご案内

  • 1.出生前診断専門の医師や資格を持ったスタッフが対応!
  • 2.検査前、検査後のカウンセリングも充実!
  • 3.恵比寿駅より徒歩2分の好アクセス!(バリアフリー)

当クリニックでは、海外に留学研究歴があり出生前診断専門の産婦人科専門医や、臨床遺伝学認定医・指導医の資格をもっている院長、専門の資格を持ったスタッフと充実した設備をご用意しております。また、イギリス胎児医学財団(FMF)の試験に合格したNT資格取得者が4名います。

検査のみ行うのではなく、検査前や検査後のカウンセリングも含め、患者さんのお気持ちにも配慮した総合的な対応を行わせていただきますのでご安心ください。

オスカー(OSCAR)検査ってどんな検査?

オスカー(OSCAR)検査とは、NT(首のむくみ)、お母さんの年齢、赤ちゃんの大きさ、赤ちゃんの心拍数、お母さんの血液検査(PAPP-A,freeβhCG)の5つを組合せてリスクを出す検査です。別名コンバイン検査と呼ばれるもので、世界では最もよく行われている検査のひとつです。国内でも関西を中心に10数カ所で行われております。

オスカー(OSCAR)検査で何がわかるの?

オスカー(OSCAR)検査は、確定診断の検査ではありません。エコー所見を確率計算に使いますが、赤ちゃんの異常をエコーで見るものではありません。
あくまで先天性疾患が起きる確率を予測するスクリーニング検査になります。
オスカー(OSCAR)検査で確率を調べられる疾患は以下になります。

  • 21トリソミー(ダウン症候群)
  • 18トリソミー(エドワーズ症候群)
  • 13トリソミー(パトウ症候群)

オスカー(OSCAR)検査 概要

検査可能時期 妊娠12〜13週
費用 オスカー(OSCAR)検査:42,000円+税/回
(別途自費初診料がかかります)

他クリニックで妊婦健診をしている方でも受ける事が可能です。
お腹の赤ちゃんのことで不安な方は、一度ご相談ください。