母体血清マーカー検査(クアトロ検査)のご案内

母体血清マーカー検査(クアトロ検査)は出生前診断の一つです。
妊婦さんの血液を採取し、4つの成分(AFP、hCG、uE3、InhibinA)の測定と年齢などいくつかの因子も含めて計算をし、リスク計算(確率)をする検査です。母体への負担が少ない検査ではありますが、あくまでもスクリーニング検査(染色体異常の確率を出す検査)のため、確定診断のためには羊水検査が必要になります。

母体血清マーカー検査で何がわかるの?

母体血清マーカー検査は、確定診断の検査ではありません。 あくまで先天性疾患が起きる確率を予測するスクリーニング検査になります。 母体血清マーカー検査で確率を調べられる疾患は以下になります。

  • 21トリソミー(ダウン症候群)
  • 18トリソミー(エドワード症候群)
  • 開放性神経管奇形(二分脊椎、無脳症)

母体血清マーカー検査の方法について

母体血清マーカー検査では、妊娠週数が15週〜17週の間に、妊婦さんから少量の血液を採取し、血液中の4つの成分(AFP、hCG、uE3、InhibinA)を測定します。結果が出るまでは10日ほどかかります。 ※母体血清マーカー検査のあとに別な検査を受ける可能性もありますので、余裕を持って検査を受けるようにしましょう。

不安な方は一度ご相談ください

当院には海外に留学研究歴があり出生前診断専門の産婦人科専門医がおり、院長は臨床遺伝学認定医・指導医の資格も有しております。

検査のみ行うのではなく、検査前や検査後のカウンセリングも含め、患者さんのお気持ちにも配慮した総合的な対応を行わせていただきます。また、他院で妊婦健診をしている方でも受ける事が可能です。お腹の赤ちゃんのことで不安な方は、一度ご相談ください。

費用 母体血清マーカー検査(クアトロ検査):25,000円+税/回
(別途自費初診料がかかります)