出産時の提携医療機関

広尾レディースは、日本赤十字社医療センター社会福祉法人恩賜財母子愛育会 愛育病院を中心とする『産科セミオープンシステム』を導入しています。
妊婦さん第一の優しさ溢れるシステムで、楽しく居心地よく安心のマタニティライフをお過ごし下さい。

『産科セミオープンシステム』とは、妊婦さんの身体を第一に考え、妊婦さんの希望を叶えてくれる、優しさ溢れるシステムです。

周産期医療ネットワーク オープン(セミオープン)システムの仕組み

「妊娠」それは、貴女の身体に小さな生命が宿ったことを知る・・感激の瞬間です。そしてそれは同時に、その小さな生命を育み、慈しみ、守っていく・・という、これまで自分ひとりであった人生から、我が子を守るという大きな責任が生まれる瞬間でもあります。
そして、まず最初にしなければいけない事は、その生命の成長を共に見守ってくれる、信頼できる病院を探すことです。実は、産婦人科探しほど難しい物はありません。「出産」までの過程は人によって求めるものが多種多様なのです。
希望の検査に使用する設備の充実、ストレスを感じない待ち時間、不安のない診察と分娩。
その全てをクリアする病院は意外と少ないのですから。

『産科セミオープンシステム』とは、以下のような内容になります。
まず、通常の妊婦健診は当クリニックにて行います。完全予約制によるゆったりした診察でストレスを伴わず、3D/4D超音波検査など最新設備での診療が受けられます。
そして、切迫早産などの救急受診や夜間休日の緊急事態、分娩などでは、いついかなる時でも充分な人手のある提携病院にて、通院患者様と同様に対応してもらえるのです。

大病院の弱点であった「待ち時間の長さ」「担当医が変わる不安」をクリニックが解消し、
「緊急事態」「夜間分娩」など施設や人手に不安のあるクリニックの弱点を大病院が解消してくれます。それぞれが補い合うことで、大病院にとっても、クリニックにとっても、そして何より妊婦さんにとって、最善で安心できるマタニティライフと分娩が可能になるシステムです。

★当クリニックと連携(セミオープン、提携)している分娩施設です。
日本赤十字社医療センター
社会福祉法人恩賜財母子愛育会 愛育病院